2014-08-14

"悠悠"展 プレスリリース


【"悠悠"展 プレスリリース】




今月一杯横浜で開催している個展"悠悠"のプレスリリースを掲載して頂きました。こちらのサイトはアーティストとそのサポーターを繋ぐWebサイトのtocoto(トコト)です。
文章を作成して頂いたいなむらさん、並びにご協力頂いた悠香房のご主人に感謝致します。


少し長いですが以下全文転載します。

-----------
(プレスリリースより)
中華街の中国茶館で小早川あきこさんの個展「悠悠」

横浜中華街の中国茶館、悠香房(横浜市中区山下町201-1、TEL 045-222-7655)で8月1日から、画家・小早川あきこさんの個展「悠悠」が開催されている。

小早川さんは、1985年東京都生まれ。2005年から2年間英国のキングストン大学のファインアートコースで学んだ。日本の外に身を置く事で、次第に水墨に惹かれるようになり、水墨と水彩で絵を描くようになったという。帰国後、都内および横浜市内で作品を発表しているが、過去3回の個展はいずれも中華街にあるギャラリーで、中華街との縁が続いている。

今回は、にぎやかや中華街にあってほっとできる悠香房のこだわりのある中国茶と空間にあわせて、作品シリーズの中から器の絵の新作約15点を展示している。器のなかで混ざり滲みあう色が、ヨコハマにある中華街、あるいは日本人と華僑の歴史、中華街に暮らす新旧の世代、またはヨコハマそのものを暗示しているようだ。気軽にアートを楽しんでもらいたいと、作品は1万円から販売している。

小早川さんは、「涼しげな器の絵の連作です。美味しい中国茶で寛ぎながらお気に入りの器を是非探してみてください」と意図を述べている。

悠香房は単に中国茶を提供する茶館のみならず、視覚・音・佇まいを総合的に提案する空間としての店創りをし、店舗とマッチした作品発表の場として、クリエイターの創作活動を支援している。

オーナーの金子正さんは、全てのお茶を違った茶器で提供しているので、うつわがテーマの作品群を、美味しい中国茶と共に、ごゆっくり鑑賞して欲しい、と語っている。

展示は8月31日まで。営業時間は17日までは12時〜22時。18日からは12時〜20時。(各日曜日は19:00迄)。火曜休館(12日は開館)。

--------


◎個展情報◎
小早川あきこ 個展
”悠悠”

この度、横浜中華街にある中国茶房・悠香房にて新作の水墨・水彩画作品、”うつわ”の連作を展示させていただく運びとなりました。どうぞ皆様お誘いあわせの上、寛ぎにいらして下さい。

会期:2014年8月1日(金)-8月31日(日)
時間:12:00-22:00 (日曜日は19時まで)
定休:火曜日
場所:〒231-0023
    神奈川県横浜市中区山下町201-1

◇アクセス
    ・JR京浜東北線関内駅南口より、徒歩10分
    ・JR京浜東北線石川町駅北口より、徒歩8分
    ・みなとみらい線日本大通り駅より、徒歩6分

*ご来店の際は店内にて1オーダーお願いいたします。

--------------------------------------



--------------------
Akiko Kobayakawa Works
小早川あきこ


***作品のお店/Shops for my works***
国内ショップ/For Japanese customers : Art Meter(アートメーター): http://ja.art-meter.com/profile/?UserID=003668
海外ショップ/For International customers : Etsy : https://www.etsy.com/shop/AkikoKobayakawaWorks
--------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿